ご挨拶

イメージ

 「豊かな時も貧しい時も、健やかな時も病む時も、たがいに愛し、敬い、仕えて、その命の限り全うすることを誓いますか?」

 これは、キリスト教の結婚式で牧師から問われる誓約です。人間は破れが多い存在です。その破れが多い存在が、互いに赦し合い、助け合って、家庭を築いていく努力を神の前に誓い合うのがキリスト教の結婚なのです。今まで、異なった家庭で育った者たちが出会い、新しい家庭を築いていくことは並大抵ではありません。むしろ、波風が起こらない方が不思議です。そのような時に、互いに真実を誓い合った「初めの愛」を想い起こし、二人で舟を漕ぎ合って波風を乗り越えていただきたいと願っています。

明治学院学院長 小暮修也

イメージ

明治学院チャペルにおける結婚式について

 明治学院チャペルで行われる結婚式は、所謂(いわゆる)、結婚式場で行われる結婚式とは異なり、明治学院が大切にしているプロテスタント・キリスト教の信仰に基づく礼拝として行われます。ですから、これから結婚されようとするお二人は、結婚式および結婚生活そのものについて、キリスト教ではどのように教えているかを理解された上で、式に臨んでいただきます。
 そのために、司式を担当する牧師の面談を事前に受け、結婚の備えをしていただきます。具体的には、数回の結婚講座、あるいは教会への礼拝出席を通じて、キリスト教そのものに触れていただき、お二人が明治学院チャペルで神さまの御前(みまえ)で結婚されることの深い意味についてお知りいただきたいのです。

 「あなたがたは神に選ばれ、聖なるものとされ、愛されているのですから、憐みの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。愛はすべてを完成させるきずなです。」            (新約聖書:コロサイの信徒への手紙3章12節以下)

 明治学院チャペルでの結婚式を通して、温もりのあるすべてを完成させる絆を手にしていただきたいと願っております。

明治学院学院牧師 和田道雄